瞬間的な幸せと持続的な幸せ

ウェルビーイングという言葉をご存知ですか?

一般的には、こころ身体社会的な繋がりが、良好で満たされた状態のことです。

Happinessが一時的・瞬間的な幸せを意味するのに対して、Well-beingはHappinessも包み込むような一段大きな概念で、持続的な良い状態のことです。

ウェルビーイングという言葉自体は、1946年WHO設立に際して初めて登場したのですが、まだまだ私たちには馴染みの少ない言葉のように感じます。

女性の未来を明るくする、というコンセプトにとてもピッタリだなと感じていて、皆さんにも知っていただくきっかけになれたら幸いです。

過去でもなく未来でもなく「今」を感じる

女性の未来を明るくするお茶会では、毎回テーマを決めて30分ほどお話の時間を設けています。

今回のお茶会では、ウェルビーイングについて

「40代50代女性のためのウェルビーイング」というテーマでお話をさせて頂きました。

まず初めにアイスブレイクも兼ねて、簡単なワークを取り入れました。

過去にとらわれずに、未来を不安になり過ぎない、「今」ここに在ることを感じるワークです。

まず自分の脈を感じてみます。

手首だったり、首だったり、自由に感じてもらいます。

脈は、心臓が動いている証です。

今この瞬間に自分は確かに生きていて、この場に存在していることを静かに感じてもらいます。

次にお隣さん同士で、脈を感じてもらいます。

なかなか他人の脈を感じる機会って、医療従事者の方でもない限りはなかなかないんじゃないかなと思います。

自分の脈との速さや強さなどの違いを感じてもらうことで、自分と相手は違うしみんな違ってそれでいいんだという感情が芽生えます。

自分を認めて相手も認める、そんなワークの時間となりました。

参加の方からは

「温かい気持ちになれました!

「家で子どもとやってみようと思います!」

との感想を頂けて、私の方が胸が熱くなりました(^^)

自分にとってのウェルビーイングを考える

今回はお話会の最後に、皆さんへ「自分にとってのウェルビーングをぜひ考えてみてください」という課題を出して「ぜひアウトプットしてみてくださいね!」とお伝えしました。

一般的には、こころと身体と社会的な繋がりの3つの要素で構成されていますが、あなたにとって自分が心地いい状態で居られる、つまりウェルビーングな状態で居られる3つの要素ってなんでしょう?

循環と調和の法則は、3の法則とも言われ、3つの要素が滞りなく偏りなく循環して調和することで豊かさに繋がります。

スケッチソースが目指す3つの循環と調和

スケッチソースでは、健康・お金・人間関係というこの3つに焦点を当てて活動を展開していきます。

この3つで悩みを抱えていたりつまづいている人も多い気がしますが、逆を言えばこの3つの要素が人生を幸せに生きる良い状態=ウェルビーイングにも繋がるんじゃないのかなと感じています。

最後に、スケッチソース今後の日程をお知らせしますね。

◉11月

7日 第3回女性の未来を明るくするお茶会
テーマ「女性のからだとホルモンバランス」

30日 第1回 笑える駅前交流会@糸島

◉12月

7日 第4回女性の未来を明るくするお茶会

テーマタイトルは今の所未定ですが、ゲーム依存のお子さんに悩むママに

是非教えてあげてくださいね!

21日 第2回笑える駅前交流会@千早

是非皆様にご参加いただけますことを楽しみにお待ちしております。

投稿者プロフィール

ふじさわひろこ
ふじさわひろこ
🎓資格取得者のための講師デビュー支援
👩‍🏫 家事や育児と両立できる働き方
🌟温活協会で300名以上アドバイザー育成サポート実績
💬 女性の自立サポート スケッチソース主催
🏠 自分らしく輝く女性を創造します!
💰 講師で収入を得るヒントをお伝えします。

「自分らしく輝く講師デビューを応援します!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です